本の森で宝を探したり、迷い込んだり……「もり(森)」と「リブロ(本)」を合わせて
「moblo」という店名にしました。古本、リトルプレス、雑貨が集まったお店です。
ホーム着飾った本草子8 谷川俊太郎『質問集』
商品詳細

草子8 谷川俊太郎『質問集』[M8902]

販売価格: 1,500円 (税込)
谷川俊太郎
1978年 
書肆山田


に咲いている名も知らぬ一茎の小さな花、それが問いであると同時に答であるとき、あなたはいったいなんですか?

などのちょっと解読が難しい質問が
1ページに一つずつあり、全部で14の質問がありますが、
広げるとB3くらいの大きさの紙に
面付けされた状態で、裁断も綴じもされておりません。

草子というのは、綴じた本を意味すると思うのですが…。
何かあったのかなと、70年代後半の時代に想いを馳せて。

Facebookコメント
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス